Welcom to My HomePage

今回の震災に対して多大なるご支援、励ましのお言葉、大変ありがとうごさいました。 

我が家も津波に襲われ2階まで海水が入り込み、家具や家財は全て流失してしまいました。

当時は次男と柴犬、猫、そして雨漏りの修繕にきていた職人がおりましたが、地震後に避難したために全員無事でした。
しかし、私の住む「久之浜町」は壊滅的なダメージを受け、50名を超える方々がお亡くなりになりました。町も沿岸部は全くなくなってしまいました。

3月12日は町が燃え続け、電話も通じず、食料もないなかで、避難先の久之浜中学校で配られた「塩おにぎり」が絶望感の漂う中での唯一の救いでした。

隣町の大久町か小久町の農家の方たちが差し入れてくれた「お米」だと思います。
この「塩おにぎり」が最初の支援でした。ジャージ姿の女子中学生たちが作り配ってくれました。
初めてのおにぎりは何も入っていない大きな、大きなおにぎりでした。
塩もついていませんでしたが、暖かくてとてもおいしかった、ゆっくり噛みしめて食べました。

お米を提供してくれた方たちに感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
また、全国からの多大なる支援物資や励ましのお言葉に感謝いたしております。
ありがとうございました。

これからは、自分に与えられた社会的役割の中で、どのように行動することが良いのか、これからどうすれば元の日々を取り戻せるのかを日々考えて行きたいと思います。

 2012年3月4日


ふーみん家の北海道キャンピングレポート

私たち家族は1995年、96、97年と3年連続で北海道にキャンプに行くことができました。
はじめていった95年は道南と道央を約9日間をかけてまわってきました。
初めて北海道を自家用車で移動して思ったことは、ありきたりな感想ですが、「でっかいなぁ・・北海道」そして「ぜったい来年もくるぞぉー」の2つでした。
そして、96年。
今度は道東を中心に10日ほどの日程でキャンプ行です。
しかしあまりの広さのために、思うような移動ができませんでした。
あれもこれもは北海道では禁物ですが、できる限りの観光地は見てきたいと思うのは人情でしょう。
3年目の97年は「まるごとリゾート北海道」を目指して、過去に行ったことがあるところを含めて、ゆっくり、たっぷり遊べる所を選びました。
狭い車内に釣り竿や水遊び道具とかを満載して自然の中で遊んできました。

これから北海道キャンプに行く人のために、私たちの足跡が参考になればとの思いでこのホームページを作成しました。
みなさまの参考になれば幸いです。

1997年12月17日