趣味の部屋

ミニチュアカー
アマチュア無線
キャンプ
パソコン通信
各種ルアー釣り
料理
モデルガン



ミニチュアカー

  
 
     
    
   
 
 
     
 
 

アマチュア無線

アマチュア無線を始めるきっかけは1989年に家族で東京ディズニーランドに出かけたときに、私と長男が妻たちと離ればなれになってしまったときからでした。
混雑するところへ出かけるときに無線機があれば、連絡を取り合いながら別行動も可能になると考えたのです。

次の週にはさっそく無線機を手に入れるべく秋葉原に出かけました。
当時「山と渓谷」の広告に載っていた50MHz帯使用のハンディ無線機を購入するつもりでしたが、そのお店の店員さんはアマチュア無線そのものを知らなかった私に、「この無線機は免許が必要」と訳の分からない(笑)ことを言うのです。

「だって、山と渓谷の広告に載っていたのに」と引き下がらない私に、親切にアマチュア無線の資格と運用方法を教えてくれました。
さっそく本屋でアマチュア無線に関する書物を買い込み、久しぶりの勉強が始まりました。

勉強の甲斐もあり1990年に電話級、1992年6月に電信級を取得する事が出来ました。
いずれも東京晴海での受験です。
電話級受験の時には試験開始時間が10時のため東京芝に前泊しました。
おかげで総費用は講習会を受けたのとほとんど変わりなくなってしまいました。
当然酒代も含んでの話ですが....。

その後、アマチュア無線のおもしろさに気づき、連絡用の無線から本格的に運用すべく144MHzのハンディ機2台とGPアンテナを購入しました。
晴れてアマチュア無線の世界に仲間入りです。

しだいに交信距離に興味を持ち始め、次々と無線機とアンテナを買い増していくことになります。

屋根上には1.8メータールーフタワーを設置してDXアンテナの7エレメントスタック、その後10エレメントスタックでの144MHzFM、SSBを中心に運用を開始しました。

430MHzもFM、SSB、パケット通信と運用の幅も広がり、1994年には144MHz、SSBでAJD(国内全エリア)を達成する事が出来ました。

97年4月に違うアパートに引っ越したために2段GPのみでの運用になりました。
運用周波数は144MHzでFM、SSBと430MHzのパケット通信のみと寂しくなってしまいました。

そして、自宅を新築したところが、テレビもブースターを付けないと映らないような弱電地域だったために、固定局は諦めざるを得なく、移動運用のみになりました。

そして東日本大震災で、いつかは固定局を・・・と、手放さずにいたICOMの50ワット機「IC-275」とハンディ機3台が津波で流されてしまいました。
とりあえずアスタテックマイクが手元に残りましたが、マイクだけ残ってもしょうがないので手放し、無線機は全く無くなり、局免許も切れてしまいました。

しかし、時代は進み世の中はデジタル化して行くではないですか。
アマチュア無線機もデジタル機が登場しました。

「これは買いだ!」とICOM ID-31を2機購入。

さらに、デジタル業務無線機STANDARD VXD9も2機購入してしまいました。

新たなコールサインも妻と自分の分を申請しました。

定年退職後の楽しみが増えました。


キャンプ


1991年のときのアマチュア無線の移動運用でキャンプをしたのが病みつきになりました。

こんな楽しい遊びは家族で「ワイワイやらなきゃあいかん!」というわけで家族を巻き込んで現在に至っています。

最初は¥9800の2人用テントを2つ購入し、ブルーシートをタープ代わりに使っていたのですが、あるキャンプ場でテント2張り分の料金を取られるはめに。
いくら人数が少なくともテント数での料金徴収システムが今後も増えていくかもしれないと思い「小川テントのシャンプラン5人用」を購入。

さらに工事用ブルーシートは雨が降ったり風が吹くとかなりうるさくて、「スノーピークのビックタープ」を購入し現在に至っています。

このシャンプランとタープ購入後からわが家のキャンプスタイルも1泊2日から2泊3日へと変化をしていきます。

最低でも2泊3日が当然のようになったのです。

長期キャンプに慣れてきてからは、旅行をするための手段としてのキャンプになりました。

いつかは信州方面にキャンプ旅行がしたいと思っていたときに、車を買い変える時期が来ました。
そしてワゴンタイプの車を購入、いよいよ夢の信州旅行キャンプを実現するための情報収集を開始しました。

信州方面にキャンプに行きたい旨をパケット通信に書き込んだところ「JA8CTE」さんに「北海道はどうですか?」との貴重な意見を頂いたのです。

夢にも思わなかった「北海道キャンプ」が信州1週間キャンプと同等の金額で出来るなどとは思いもしませんでした。

これで進路は海の向こうの北海道に決定です。
あとは北海道に魅せられて3年連続の北海道キャンプです。
このときJA8CTEさんに教えていただいたキャンプ行程が大変参考になりました。

このHPもみなさんの参考になり、北海道キャンプの魅力を知る人が一人でも増えればと思っています。

北海道キャンプも4年計画でしたが、仕事の都合で3年で終了。

その後、「コールマン スタンダードドームU」、「スノーピーク ランドブリーズ4」を購入しました。

2005年以降途絶えていたキャンプでしたが、再び再会したのは犬を連れて行けるキャンプ場が増えたのを知ってからでした。

2009年9月に「裏磐梯青少年旅行村」で、初めて犬を連れてキャンプをしました。



20010年も9月に裏磐梯国民休暇村でキャンプをしました。
いずれも夜はテントの中で同じシュラフに入って寝ていました。
朝方にシュラフからモゾモゾと這い出す姿はとてもかわいく愛おしかったです。



この犬の名前は「小雪」で当時7歳の柴犬でした。
生後3ヶ月から家族に加わり、2人の孫と共に育ってきました。



とても優しく、怒った姿は見たことがありません。

津波で住む家が無くなり、社宅を転々としながら暮らしていく中で、小雪の居場所が無くなりました。
元職場の女性社員から、小雪を預かってもいい旨の連絡があり、茨城県龍ヶ崎市に身を預けることになりました。

そして、年が過ぎていく中で、預かっている家族も小雪と離れることが出来なくなりました。
わが家の見通しが立たない中で、いつまでも小雪を預かってもらうわけにも行かず里子に出すことにしました。

2度ほど会いに行きましたが、とても大事に育ててくれて小雪も幸せそうでした。

その後は、会うと小雪が私たちを思い出し、辛い思いをさせることになるので、会いに行くのをやめました。

そして2014年、コンパクトなキャンプをしようとテントとタープを購入しました。

登山用のランタン、バーナーで煮炊きは最小にして、「たき火」を囲んで時間を過ごすことをテーマに震災後初の2014年9月に「羽鳥湖高原レジーナの森」でキャンプをしました。




2015年も、9月か10月に「フォレストパークあだたら」でキャンプを予定しています。



パソコン通信


1992年10月
EPSON PC386NW2 128MBHDD増設購入

1994年 1月
IBM PS/V Vision 購入
同時に Nifty−Serve と People にも加入

1995年12月
EPSONダイレクト Endeavor ET-6800 購入
22800dpsのモデムで Nifty 経由でインターネットを始める

1997年1月
 22800bps を 33800bps にバージョンアップ

1998年1月
Nifty−Serveにてホームページ公開サービスが始まったのを機に
「キャンプへ行こう!」ホームページを公開する

1999年8月
EPSONダイレクト Endeavor Pro-400L 購入
念願のpentium3が手に入った...が体感速度はp133とそんなに感じないのはなぜ?

2003年12月
フレッツ・ADSLモア24契約でやっと快適インターネット環境が整う(^^)
  
2015年 現在もADSLです(汗)



ルアーフィッシング


1997年2月ころに小6の長男がバスフィッシングがしたいというので付き合いで近所の野池へ行ってみました。

ただ待っているのもつまらないので「自分も!」と始めたのが病みつきに。
子供達と渓流から管理釣り場までのルアー全般を楽しんでいます。

現在は子供たちも成長し、誰も付き合ってくれないのでお休みです。



料理


暇つぶし的に料理の本を見ながら普段食べられないような凝った料理を作っています。
美味しいかと本人は思うのですが、家族の話では「お父さんは味覚音痴だ!」と言うのです。そうなると私は幸せな舌を持っているんですね。(笑)
キャンプでは100%私が食事係です。



モデルガン

2005年頃から収集を始めました。

最初に手に入れたモデルガンが、M1911というアメリカ合衆国が軍用として採用したコルト社のオートマチック拳銃でした。
いわゆるコルトガバメントの45口径の軍用自動拳銃版です。

これが相当古いものでしたが火薬を詰めて発火すること数回、壊れることなく今に至っています。

この、拳銃の出来がかなり良く、重さ、色合いともにウットリするほどで、実銃に限りなく近づいていると思っています。(実銃は全く知りませんし、触ったこともありません)
メーカーは今は無き、MGCです。



次に手に入れたのが、イタリアのピエトロ・ベレッタ社の「クーガー」ことM8045です。
やはり45口径のオートマチック拳銃です。
この銃も、重さ、質感ともに抜群で、眺めているだけでもウットリです。
ちなみに、この銃は「ガスガン」であり、命中精度もバッチリです。
メーカーは「ウエスタンアームズ」でグリップは本物を使用しています。