2011.3.11とその後 本文へジャンプ
マイホームと久之浜町 (2011.3.12撮影)

東日本大震災から4年が過ぎました。
津波で破壊された家屋も撤去され、更地になりました。
そして海が見えないくらいに高い防波堤も出来ました。
現在は更地になった場所を緑地化すべく工事が進んでいます。
そのような、いわき市久之浜町の記録を残していこうかと思います。

地震と津波に耐えた我が家です 2階も浸水しました 幼稚園も1階は波に洗われました

撮影した場所は、我が家の周囲であり、比較的被害も少なかった地区です。
久之浜港に向かうにつれ、家屋が跡形もなく、かつてあった家の場所も皆目見当が付かない状態です。
撮影したのは火災が収まりはじめた3月12日の午後でした。
自宅周辺を撮影するのがやっとの状態でした。

これからは、変わりゆく久之浜町を記録に残していきます。

4年後
4年後の2015年7月の状態です。
緑地になる場所の家屋は全て今年の7月で撤去が完了します。
いよいよ、緑地工事が加速します。
これからが楽しみです。


自宅があった場所を防波堤側から撮影 

上と写真と同じ位置から撮影

自宅があった場所から久之浜港の方向を撮影

久之浜港に向かう道路側から撮影
家がひしめき合って建っていた地区で、壊滅的な打撃を受けた地区です。

私の家があった場所も含めて防波堤側の地区は緑地化され、遊歩道として生まれ変わります。
現在は土盛りの最中です。

地盤工事用の土が山になっています。


     

町の海側全体の写真です。  2015.7.18撮影


上の写真の反対側(北側)から撮影(2015.7.26)